ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 2話ネタバレ

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」の2話のネタバレをしていきます!

道端で拾ったガリガリな少女のエロすぎる恩返しとは!?

⇒無料試し読みはコチラ

2話 ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして あらすじと見どころ

たっぷりフェラ抜きされても、まだまだアソコの膨張は止まらない!

そこでナナは「入れてもいいですよ」とバックの姿勢になりました。

 

ただ、いくら18歳と言われても、若干のためらいのある石川。

 

するとナナは、「あなたしつこい。まだ私が子供だと思ってるんですか」と怒ります。

なので、石川もナナが痛くないか心配しながら、ゆっくりと肉棒を挿入していきます。

 

それから「動かすよ…」と言いながらぬちゅぬちゅとエロい音を立てながら、腰を振っていきます。

 

次第に激しく振っていくと、石川は「気持ちいい…」と、イキそうになってしまいます。

 

それからナナに「そのまま中に出していいですから」と促されるまま、勢いよく中出ししていきます!!

 

ところが、まだまだ石川の元気が収まりません!

 

ナナは「まだ出したりないんでしょ」「姿勢変えるから、それでやってください」と今度は仰向けになります。

 

全裸をさらけ出すナナですが、その体はやせ細っていて、儚く憐れでした。

でも、ナナは「早くご飯の借りを返したいから」とセックスを求めます。

 

なので石川も従い、2度目の挿入をします。

 

しかし、やっぱり葛藤があるのかナナに「もっとガシガシ動かして擦ったら?」とダメ出しだれます。

 

石川の心中よりも、ナナは「私はさっさと終わられたいんだから」「早く中に出しちゃってくださいよ」と全く動じません。

 

セックスに対しナナは義務的でもあり、無感動のようでもありますが、喘ぎ声をわずかに上げるなど、少しは感じている様子です。

 

それから2度目の射精を膣内でしますが、ナナは「慣れてるから」「でもやりたきゃまだやって良いですから」と言い、その日は終わり、眠りにつくのでした。

 

その時、石川は思います。

 

ナナはすべてを諦めているようで、男の価値を決めつけている。

正直感じが良くない。

けど、生まれ持った性格とは思えない。

何か希望さえ持たせてあげれば明るい子になる…。

 

そう思いながら、石川も共に眠りにつくのでした…!!

ガリガリ娘を拾ったら 2話 感想

石川はしばらくの間、ナナの生い立ちを知るすべがありません。

「おそらく虐待されたのだろう」程度の認識で、今までナナがどんな境遇で暮らしてきたのか一切分からないのです。

なので、なぜナナが年の割にこんなにテクニックが上手いのか、疑問でした。

そして、その謎が明かされた時、石川は果たして何を想うのでしょうか…!?

無料試し読みはコチラ

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

無料試し読み⇒ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です